トップページ | 2005年1月 »

クリスマス後

クリスマスはここ数年大学のゼミ時代の友達とワイワイやりながら過ごしている。なつかしの顔もあって、僕はとても楽しかった。

久々に会うヤツもいたり、初めて会う人もいて今年のクリスマスパーティーはとにかくにぎやかだった。
ある友達の就職内定祝いが本来の目的なんだけど、主役は別の人に・・。

深夜まで語り合ったりして、大学時代をちょっと懐かしんだけど、僕としては社会人となった今でもこんなバカ騒ぎはアリだと思った。

次の日になればいつもの日常が待ち構えている。あそこに仲間がいるってのは僕にとっては・・・オアシス・・違うな、癒しの場・・・これも違う。
まあ、楽しいわけだな、あすこは。

| | コメント (0)

クリスマスイブですから...

クリスマスに一人でいるのに慣れている僕はいいのだけれど、いつも誰かと過ごしていたのに今年は一人きりのクリスマス、って人にはこたえられないんだろうな、今日は。

20050901_2

僕の青春のバイブルと呼んでいる本があって、その小説のラストがクリスマスの銀座。その華やかさを感じてみたくって都営バスで銀座4丁目へ。 9時過ぎという時間が遅かったのだろうか、普段の銀座と変わらない人通り。というか週末にしては少ないかも。ちょっと肩透かしをくらった感じだ。 やっぱりカップルが多い。僕は一人でもへいきですよと顔を作りながら、有楽町―日比谷へ。 有楽町にはニッポン放送がある。「ミュージックソン」というやつがやっていて、地下のイマジンスタジオでパーソナリティの石原さとみがしゃべっていた。見た目ふつうな感じ。芸能人オーラが出ているわけでもなく、ふつうな感じ。鶴瓶師匠は山下公園らしい、お会いできず。

| | コメント (0)

トップページ | 2005年1月 »