« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

THE 有頂天ホテル

「THE有頂天ホテル」を観に行きました。

今回は池袋で、おそらく人は少な目だろうと踏んだ土曜日19時の回。早めにチケットを取ったおかげで比較的見やすい席で鑑賞することができました・・・。それにしても映画館が全席指定・最新のシネコンに変貌していたのは驚いたぁ。

三谷幸喜さんの映画作品といえば監督作でいけば「ラジオの時間」「みんなのいえ」に続く3作目だけど、今ひとつ面白さに欠けるっていう印象がつよい。テレビドラマや舞台は最高なんだけどね。

でも「THE有頂天ホテル」はキャストが豪華だし、リアルタイムに進行するパターンだから雰囲気が舞台みたい。誰が主役というわけではなくみんなが主役というスタイルが、わずかな猶予もなく全編にわたって笑わせることに成功しているのだと思う。

個人的には伊東四朗さんと期待通りの西田敏行さんに最高に笑わせてもらった。総支配人を演じる伊東さんがとにかく“アレ”で引っ張る。。。(“アレ”はネタバレするので内緒)。YOUさん演じる歌手と角野卓造さん演じる研究者とのスリーショットが一番面白かった。客席の笑い声でセリフが聞き取れなくなるほど。

西田さんは事前情報でアドリブで演技しているということで「釣りバカ日誌」よろしく、笑わせてくれると期待していたので、香取慎吾さん演じるベルボーイと麻生久美子さん演じる謎のフライトアテンダントの3人のシーンでは、香取さんと麻生さんが笑いをこらえてるのではないかと注目してみてしまった。

副支配人を演じた役所広司さんが意外にもちょっとカッコ悪い役どころだったり、国会議員を演じた佐藤浩市さんのツッコミの間がバツグンだったりと見所はたくさん。

ただ、最高の盛り上がりを見せると期待したカウントダウンパーティーがあっさり終わってしまい、すぐにエンディングになってしまったのはちょっと残念。上映時間を延ばしてもいいからカウントダウンでもうひと盛り上がりしてくれてもよかったかな。

でもカウントダウンパーティーが始まるまでの2時間はとにかく笑えます。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

内幸町~、内幸町~

地下鉄三田線の内幸町駅、あそこのホームってやけに眩しくありませんか?

現在工事中のようだが蛍光灯の灯りが眩しくて、電車に乗ってくる人がひかりの国の人にみえるよ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プライドと偏見

ごぶさたです。ひさびさにブログさ、書くよ。

「THE有頂天ホテル」を見ようと思ったんだけど、あまりの混雑ぶりに断念。その代わりといってもヘンだけど、気になっていた「プライドと偏見」を見ることにしました。

CMを見た印象では、お金持ちの家のオトコと貧しい家のオンナが互いに惹かれあいつつも、自分たちの「プライド」と周りの「偏見」でなかなか結ばれない、少々シリアスな悲劇的恋愛物語かと思ったけど、意外や意外、コミカルな感じのした映画でした。

だいたいのストーリーラインは思ってたとおりで、雨の降りしきる中オトコとオンナが言い合いになって傷つきあうシーンは切ないような思いもするけど、登場人物たちそれぞれが自尊心がそうさせるのか、みっともない姿を相手に見せてたまるかと取り繕う様子なんかは思わず笑ってしまった。

意地を張る様子は傍から見ると面白く見えてしまうというメッセージもあるのかしらと思いました。

作品のHPに素敵なフレーズがあったので引用。うまく感想が書けませんでしたが、このフレーズはちょっと気に入った。

「愛してる」と認めるには、男のプライドは高すぎた。「愛してる」と応えるには、女の偏見が邪魔をする。プライドと偏見。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

新年2日目ですが、大晦日の出来事。

ミレナリオ、です。東京ミレナリオに行ってきました。

ボーナスで買った「IXY DIGITAL60」の本領発揮ですっ!!

Img_0009_1

初詣のごとく道路いっぱいに人が溢れかえる中、見えてきました、ミレナリオの大きな光のゲートが!

遠目には白く輝いているんだけど、よく見ると緑とか、赤とか青とかいろんな色があって輝いてるんだよね。

Img_0011

こんな光のゲートが通りの3~4ブロック続いていて、この付近はオフィス街だから暗く、街灯も消されているからここだけ別世界のような幻想的な雰囲気でした。。

まぁ、個人的には購入したばかりのデジカメが大活躍でうれしかったなってのが感想です。

新年になりました。どんな一年になるかわかりませんが、楽しい・価値ある一年になるとうれしいな。がんばります。

あけましておめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »