« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

とうきょう・かいこ

4年ほど勤めた会社は中央区勝どきにありました。

去年の4月に会社を退職したわけだけども、こちらのブログの写真を見て、ショック・・・。

再開発で変わる東京風景

昔ながらの木造住宅が密集していた場所が、再開発のため、その姿を消していました。

酒屋さんやランチのお店など、跡形もなく白いフェンスだけになってますね。お昼ごはんを買いにいったりして(ナチュラルローソンがあるんよね)、通りかかったあの風景が今はないと考えると寂しいものを感じます。

銀座に近いし、開発が遅れているといえばそのとおりで立派な街が出来るのだろうけど(再開発の話は知ってたけど)、うわぁ、やっぱりショック。

なんか、実際に見に行きたくなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ZARD坂井泉水さん死去

ZARDのボーカル坂井泉水さんが転落死。

農水大臣の自殺もさることながら、個人的にはこちらのほうが衝撃が大きい。

今の20代~30代くらいの人にとっては特に影響が大きなアーティストだと思うので、一報を聞いて絶句してしまった人は多いのではないでしょうか。

どうやら誤って転落したという見方が一般的で、私もそんな印象を受けます。

家にあったアルバム

BEST The Single Collection~軌跡~ Music BEST The Single Collection~軌跡~

アーティスト:ZARD,長島茂雄,ZYYG,REV,WANDS
販売元:ビーグラムレコーズ
発売日:1999/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

を車に載せて、通勤ながら聴いてみました。

ほとんどの曲、サビの部分は口ずさんでしまうよね。「負けないで」「君がいない」「揺れる想い」・・・・、久しぶりに聴いたけどどれも名曲だ。

4曲目「果てしない夢を」ではサビの一部を長嶋茂雄氏が唄ってるんだよね。

そして特に気に入ったのは「もう少し あと少し・・・」。許されない愛に悩む女性の気持ちを歌った曲だけど、すごく色っぽい。 カラオケで女の子に歌われたりしたら、けっこうドキドキしてしまうのではないかと要らぬことを考えてしまったよ。

一時期は、「どれも似た曲じゃんっ」なんて失礼なことを思ったこともあったけど、それでもどれも私の記憶に、心に残っていた曲。あまりに早すぎる死です。もっとたくさんの曲が聴きたかったのに・・・と悔やまれます。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

オーシャン・パシフィック・ピース

今日のぐるナイ、ほんとたまたまチャンネルを合わせて見てたら、お笑いニューカマーみたいな新コーナーをやってて、久々のヒット! 面白い人を見つけました。

その名も「小島義雄」。 沖縄出身で独特の濃い顔立ちと競泳用ブーメランパンツ姿が特徴。

ブーメランパンツ姿で登場した段階でちょっと引きかけてしまったが、ネタが最高。厳密に言うと、ネタの終わりに「そんなの関係ねぇ~」とテクノ音楽にあわせて瓦割りみたいなことをするところが、おもしれぇ。

挙動がちょっと可笑しく、エスパー伊藤を思わず思い出してしまった。

矢部さんに「(笑いすぎで)腹痛い」と言わしめたこの男。ちょっと注目です。

オッパッピー

| | コメント (1) | トラックバック (4)

鼻が日焼けで赤い

こんばんわ。

だか、おはようございますだか、こんにちわだか。

プレミアムモルツを飲んで、ちと酔っ払っております。

出張から帰り、1週間ほど経ちましたが帰ってくると仕事も少なく暇になっておりました。。。

さてさて、休みの日は例のごとく、スタバでございます。

東京と違ってこちらのスタバ(地元のスタバ)は大変空いてます。なので、こちらものんびりと、勉強されている方を尻目にダラダラと、すごしています。

んで、今読んでいるのが津本陽著「渋沢栄一」と雑誌「Invitation」。

「日経エンタテインメント!」の上位版といった感じの印象が“個人的に”あるこの「Invitation」なのですが、今月号の特集は「ニュース」です。

取り上げている記事によっては、俺なんか生涯手の届かない世界の話だったりするけど、知識としてこんなことが話題なのか~などと知ることはとても楽しい。

ちなみに46ページの爆笑問題・太田さんの写真、ちょっと広げて読むには恥ずかしかった・・・。結構好きだけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

無題

とっても忙しいGWがおわり、

今度は出張です。

・・・・。

四国は高松にいきまっす。1週間。

いや、でもGWは忙しかったよ。せっかくヤフードームの西武戦の内野指定席券が当たったのに行けなかった・・・・。

ま、それは仕方ないとあきらめて、讃岐うどんをたくさん食べてくるよ。

んじゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D・M・C

知ってますか?

「DMC」

デトロイト・メタル・シティの略です。

白泉社「ヤングアニマル」で掲載中のコミックなのですが、巷では結構話題になってるみたいですよね。

「ヤングアニマル」は大学生の頃からよく読んでた週刊コミック誌で、今も立ち読みですが毎号読んでます。

詳しくは公式サイトや単行本(3巻まで出てます)を見てもらえばいいと思うけど、面白い!

DMCは掲載開始から読んでいなかったので、コミックレンタルを利用して最初から読み始めました。

ポップスシンガーになりたくて上京。カヒミカリィのファンで夢はカル○スソーダのCMソング&主演というナヨナヨ青年・根岸。

彼のもう一つの顔は、悪魔系デスメタル人気インディーズバンド「デトロイト・メタル・シティ」のボーカル、クラウザー二世。

本来歌いたいのは小沢健二風のポップスなんだけど、そちらの才能は認められずにデスメタルで天才的(天然?)な実力を発揮するという・・・、ジャンルで行けば「ギャグ」?

木村カエラさんが最新刊の帯にコメントを寄せるなど、女性の人気が結構あるらしい。

けど「ヤングアニマル」が男性向けのコミック誌なのに、なんで女性に注目を浴びることになったんだろう???

デトロイト・メタル・シティ 3 (3) Book デトロイト・メタル・シティ 3 (3)

著者:若杉 公徳
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »