« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

りんご・・・いや、俺バカ!

こわしちゃったよ、、、、、こわしちゃった。

iPodの液晶部分を誤って踏んづけてしまった・・・・・・・。

あ゛~~~、イタイ、イタイなぁ~~。

Ipodnano071012_001120

あ、壊したのは「nano」の方です。ご覧下さい、液晶部分に不気味な染みのようなものができていますね。恐らくここを踏んづけたのでしょう・・・・、グラウンド・ゼロ。

休みで珍しく部屋の掃除をしようといろいろ物を動かしているときにしでかしてしまいました。

・・・・・。

初代のnanoで、まさに自分の「ミュージックライフ」に革命を巻き起こしてくれた「初代iPod」。

「touch」にその後継は譲ったものの、これからも使おうと思ってたのに、無念。。。

なんとか修理できないかなぁぁぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働きマン

期待のドラマ「働きマン」がスタートしました(水曜・22時 日本テレビ)。

原作であるコミックがとても面白くて、私としては珍しく最新刊の4巻まで持っている、「仕事のバイブル」的存在です。

だから結構読み返すんです。。。東京で働いていた頃から、自分の仕事に悩んでいたり疲れていた時に、元気をもらったり仕事の対する新たな考え方に触れたマンガなんです。

だから、このドラマはかなり楽しみにしてました!

主演は菅野美穂さん。おぉ~なかなかキャラクターに合ってるんじゃないの!?

楽しみにして放送開始を待ちました。。。。

んで、感想です。

ん~、原作のキャラクターと合っていないキャストさんがいたな~というのがあって、今ひとつのめり込めなかったなー。「田中」とか「梅宮」とかがちょっとイメージと違ったな・・・。

小林役の荒川良々さんというのが意外なキャスティングでびっくり。

全般としてはもうちょっとシビアな現場みたいな感じを見せて欲しかったです。実際の週刊誌編集部はどんななのか知らないけど、劇中の編集部はやけにアットホームというか暖かな仲間意識があって、校了のために助け合うみたいなシーンがやけにクサくみえてしまいました。実際はプロ意識もあるので、人の仕事を手伝ってあげるみたいなのはないんじゃないのかな~??ドライな関係っていうのは仕事の世界では身内のなかでも結構普通のことでしょ?ましてや東京の出版社だし。

出版社といえば、あのビル、デカ過ぎない?? ビルに入居している1社って感じじゃないしね・・・。

いちゃもんが多いですが、期待はしております。

沢村一樹さんのデスク役は特に注目です。コントじゃないですよね、突然「セクシィ~部長」になったりはしませんよね??

夏は終わったのに始まった「働きマン音頭」の今後の展開を気にしつつ、来週のオンエアを待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »