« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »

望郷

大学時代の友人(男子)の結婚式で、横浜に行ってきました。
6つも下の花嫁さんはきれいな方で「ったく、どうやって知り合うんだよ、そんな年下とっ!!」なんて思ってもみましたが、楽しい披露宴でした。

披露宴の後、友人数人とお茶して、そしてお酒を飲み、予約をしていたホテルに向かう道すがら、なんか今までなかったような感覚に陥りました。
「どうやったら品川(ホテルの最寄り駅)までいけるっけか?!」
10年ほど東京(関東)に住み、駅やら路線やらは頭に入ってるつもりだったけど、いささか混乱してしまった。。。(ま、ちとお酒を飲みすぎたせいもあるんだけど)

遊びに行ったりして通いなれた場所だけれども、月日が経つと忘れていってしまう。数年前だとそのことに気づくと、愕然としたものだったけど、今回は愕然としないことにショックを受けてしまった。

帰りの飛行機。窓際の席から眼下の東京の街(東京タワーだとか、銀座・新宿の明かり、皇居周辺の暗闇←人がほとんどいないからね)をみて、一抹の寂しさとか名残惜しさみたいなものをまったく感じず、「あぁぁ、おうちに帰るんだなぁ」と東京視線じゃない自分に気づいた。

ま、これも飛行機に乗る前にビールを飲んで適当に酔っ払ってただけなのかもしれないが・・・。

時間の経過を実感するもののこれも次の、前に進んだ自分なのかもねと考えながら家路につくのでした。

明日から、御歳暮の準備第2弾に突入です(多分)。いそがしいなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »