« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

今月出かけたところ 3

090909_162628 波佐見町鬼木地区に行ってきたときの写真です。
棚田が有名なところなんですね。「日本の棚田百選」に選ばれています。
車一台がようやく通れる狭い道を登ると、美しい棚田が望める広場にたどり着きました。
まだまだ青々とした稲が広がってますが、今頃は稲穂が頭を垂れているのではないでしょうか・・・。季節が変わったときにまた見に行きたいです。

090909_162539

090909_163233

「日本の棚田百選」に選ばれた石碑があったんだけど、当時の所轄大臣は先日の選挙で落選された、アノ方です。。。

090909_162607

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月出かけたところ 2

まとめて投稿、今月出かけたところです。

会社の社員旅行で「長崎温泉 やすらぎ伊王島」に行ってきました。
地元のCMや広告で盛んに告知されてる「食べ放題飲み放題 バイキングプラン」を利用したんですが、安い上に温泉も気持ちいい。それにホテルのサービス・対応がすばらしかったです。長崎県は観光県だけど、ここのサービスは普通の長崎のホテルではできないんじゃないんでしょうか。。。
スポーツ施設が充実しているので、今度はゆっくり親しい人と出掛けてみたいです。

帰りの船(長崎港まで船で20分ほど)から撮ったやすらぎ伊王島です。長崎港の入り口に架かる女神大橋も撮りました。

090904_082040

090904_082250

090904_083242

090904_083339

おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月出かけたところ

高松から帰ってきました。
滞在中、大学時代の友人が教えてくれたこちらのうどん屋さんを訪ねてきました。

手打ちうどん 鶴丸」さん。
地元高松では有名なんでしょうか。
お昼の営業も始めたそうですが、営業時間は20時から。
ここのカレーうどんが評判で訪れる人のほとんどが注文するそうです。
シルバーウィーク中に行ったのですが、20時のオープン前にはなんと40人近くの人が行列を作ってました!

090919_204041

お店は2階建てでオープンすると30人くらい?が一気に入っていったので、15分ほど待って席に座ることができました。 やっぱりうどんだからお店の回転は速いんでしょうかね。

090919_204015_2 お店に入り口の上には、プロジェクターで手打ちのうどんなどが映し出されています。「最高級天然小麦使用」とアピールしてましたね。夜の営業が主だから目立つようにしているのでしょうね。
カレーうどんの画像を撮り忘れてしまったんだけど、なかなか美味でしたよ。うどんも讃岐うどん独特のシコシコ感はそこまで強くなく、食べやすかったです。
後日もう一回食べたくて仕事終わりに行ってみましたが、定休日でした・・・。お店やHPに営業予定表があるので事前にチェックしておくといいですね。

お店はカラオケのビッグエコーのほぼ向かい側にあります。夜行くときの目印によいかも。
高松出張の時にまた行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ながさきインサイド」

9月13日付の長崎新聞に興味深い記事が載ってたので、ちょっと取り上げてみる。電子版には掲載されていないのが非常にザンネン。

昨今全国紙などで話題になった「対馬が韓国(資本)にのっとられる」といった記事。インターネットやテレビ報道で目にして私も気にしてたんだけども、この記事は同紙の対馬支局の記者が対馬の現状を地元紙ならではの視点でレポートしている。

記事によると、韓国人観光客は歴史的なつながりが深く「安・近・短」な対馬を多く訪れているとあり、これは日本人がGWなどに韓国を訪れているのと同じ感覚なのかと思う。

韓国資本による土地の取得も実際にはごくわずかであるとのこと。自衛隊基地近くの敷地の外国資本の取得についても、「市の条例で規制することができ、国がとやかく言うことではない」と地元選出の国会議員のコメントも紹介している。

対馬市長のインタビューも紹介され、「治安懸念は風評」であると一部の偏った報道に懸念を述べている。

こういう地元新聞(先日120周年を迎えた)ならではの記事が全国的に何らかの形で伝えられないのがもったいないなと思う。 なので今回紹介させていただいた。

P.S.
長崎新聞のキャラクター「アヒプイ」がひじょーにかわいいので、長崎新聞のHPをご覧になる際は、あわせてチェック! 長崎弁をしゃべるところとか、イベントに現れるアヒのきぐるみが実はアヒが中で操縦しているという設定が実によい。。。

P.S.2
四国は高松に出張に行きます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »